腸の中のバリア機能を強化してくれるLB81乳酸菌

腸の中のバリア機能を強化してくれるLB81乳酸菌

私たちのお腹には、バリアが張られています。お腹の中を目で見るのが困難ですが、確実にバリアが張られているのですね。もちろんそれは、私たちの小腸や大腸を外部の脅威から守ってくれています。細菌類などが侵入しないように、保護膜が張られているイメージですね。
ところで数ある乳酸菌の1つに、LB81というタイプがあります。その乳酸菌には、前述のバリアに対するメリットがあるのです。

 

バリアの弱体化に伴って発生する腸へのピッキング被害

 

そもそも私達の腸内は、たまに不調になってしまっていることがあります。理由は色々考えられるのですが、不摂生な食生活などによって、腸の環境がおかしくなっているケースもあるのです。そのような時には、前述のバリアに対する影響も発生してしまっているのですね。

 

そもそもバリアの強さは、人間の体調に左右される傾向があります。ちょっと体調不良になってしまっていると、だんだんそのバリアが虚弱化してしまうのですね。もちろんバリアが弱くなってしまって居れば、攻撃を受けやすくなってしまいます。

 

イメージとしては、鍵と同じです。自宅の施錠が弱くなってしまって居れば、当然外部からの不法侵入を受けやすくなります。もちろんそれで自宅に対する被害が発生する確率もアップするのですね。つまり腸内環境の不調は、ピッキング被害などを招いてしまう訳です。それでお腹の中の環境が悪くなる訳ですね。

 

リフォームによるバリア強化の効果が見込めるLB81

 

ところで前述のLB81乳酸菌なのですが、そのそのバリアを強化してくれる力があると考えられています。なぜならLB81には、抗菌ペプチドという物質を生成してくれる効果があるようなのですね。

 

抗菌ペプチドは、そのバリアを補強してくれる働きがあるようです。考え方としては、自宅に対する塗装補強のようなものですね。外部から雨水などが侵入しないように、たまに住宅に対するリフォームを行う事があります。そのために、塗装工事を行うケースも決して珍しくありません。抗菌ペプチドは、そのリフォームに近いものがあります。ただし、かなり長い時間かけて行われるリフォームの工事なのですが。どちらにしてもリフォームが行われれば、住宅の経年劣化の速度も遅くなるでしょう。LB81には、そのリフォームのような効果が期待できる訳ですね。それで大腸や小腸に対するダメージが、少なくなると考えられています。

 

人によっては将来的な病気が、気になる方もいらっしゃるでしょう。その際はLB81乳酸菌の摂取を心がけて、病気を予防するのが良いと思います。
ご協力サイト様・もう悩まない!乳酸菌で花粉症と決別!